中性改良材「かたまる泥(で)」

NETIS CB-110003-A

「かたまる泥(で)」を御紹介します。
かたまる泥(で)は、大有建設株式会社、株式会社菱有、株式会社KCC
共同特許(特開
2002-363563)をもとに製造しており、
クリンカーアッシュと高分子材、その他を均一に混合粉砕した中性改良材です。
(写真上段左)
泥土改良時のユンボでの混合性が良く比較的短時間で混合でき、
泥土混合後直ちに固化し
(写真上段右)
浚渫土の場合コーン指数
200KN/2以上とし再生利用や運搬が容易に
行えます。
(写真下段左)





かたまる泥(で)を添加し混合後の改良泥土pHは、混合前とほとんど変わらず中性のままですので植栽への利用(写真下段右)や水辺での利用も安心で容易に行えます。
かたまる泥(で)は中性改良材ですがその後、徐々に強度を発生します。
高含水比泥土では強度はゆっくりと上昇しますので、後の掘削も容易となります。

かたまる泥(で)の種類は高含水比タイプ(概ね含水比100180%)と通常含水比タイプがあります。
2kg
18個入り16kg)、20kg袋詰めタイプや500kg詰めフレコンタイプを御用意してありますので少量のご要望にもお答えできます。

その他の利用用途に応じた改良材も製作いたします。

施工例