リンク


ESSEnvironmental Sand and Stone工法研究会は、
いままで深く研究されていなかった水環境の研究会です。
例えばヨシ(アシ)は抽水植物として干潟での生態は知られていますが、
その作用はあまり深く研究されていませんでした。
ところがヨシは使用する土や砂の相互作用で性格が一変します。

こうした性質を利用することで、新しい
「水環境ESP工法」が生まれました。
このほか、各種の水環境改善資材を開発しました。

水環境に含まれる有機物粒子を変える
「ESPEnvironmental Sand Power)

水環境をゆっくり浄化する「ESPブロック」

青潮の予測技術

炭酸ガス吸収ブロックの製造技術

その他特許技術など

これらの水環境技術を普及させる普及会員を募集しております。

ぜひ一度、お問合せください。

連絡先:TEL 052-389-1661