研究開発

高熱伝導性舗装
どこでも緑化マット
中性土質改良材「かたまる泥」

鋳物廃棄砂再生
再生困難となった鋳物廃棄砂はカーボン等の炭化物、鉄酸化物、レンガ破片などが含まれ、今までは処分場での
廃棄処分が多かったのですが、各種機械工程をへて再生でき、今までにない効果があることが分かりました。

池、河川の水質浄化、アオコの低減はもとより、臭気脱臭作用もあり豚舎臭気脱臭に利用しております。

植物再生材

植物再生材を土舗装、透水性舗装などに利用します。中性改良材の使用で養生12日で
コーン指数
8001800KN/2とすることができます。


砕石粉
砕石粉の再生利用を考えます。
吸水崩壊しない粒状材とすることで植栽への利用ができます。


生コンクリート廃スラッジ
処理に困る高含水比コンクリート廃スラッジでは、スラッジのアルカリ性を利用した改良材を用いて
1時間程度の短時間で固化可能(成形品)となります。固化物はpHが若干中性に近くなります。


焼却灰溶融スラグの利用
ゴミ焼却灰の溶融スラグの有効利用として建築ブロックに再生利用。
徐冷スラグとしてスラグ砕石、路盤材に使用しております。
今後も、ますます増加しており適切な利用方法が必要となっております。

NETIS支援
国土交通省のNETIS登録を技術支援いたします。
高熱伝導性アスファルト舗装、どこでも緑化マット、中性土質改良材「かたまる泥」

以上の技術は、いずれも当社の支援でNETISに登録しました。
NETISに関心のある中小企業はご相談下さい。